どの子にも選択肢のある未来を?

今日、ランチに入ったお店の隣の席で、ある女性(どうやら20歳)が男性(どうやら先輩)に人生相談?をしていました。

 

 

「週3で〇十万稼げる仕事探すか、玉の輿と出会えるような週末の習い事探すか、迷っているんですよね~」

 

 

と真剣なトーンで話す女性。

 

 

(決して、盗み聞きをしようと思っていたわけではないんですよ?!)

 

 

 

色々ツッコみどころ満載で笑えたんですが、

 

 

 

未来の選択肢を自由に描けるのってすごくいいことだと思うんです。

 

 

 

選択できる環境があるということだから。

 

 

 

このトークの例は極端ですが(笑)、

子どもの未来の選択肢を増やせるように、

親と教師でタッグを組んでいきましょうね。