届いた!!!!

生徒さんから手紙が届いた!!!!

これだけだと、まぁフツーのことなんですけど、彼の昨年を思うとこれは大きな大きな成長なんです!!

昨年4月!
私とレッスンスタート

昨年7月!
暑中見舞いで、初めて手紙を書いて送ることにチャレンジ。

レッスン中に一緒に書いて、レッスン後すぐにポストに入れに行ってくれて、その様子の写真をお母さまが送ってくれて。

いつ届くかなぁ〜ワクワク!

が・・・・・・

いつまで経っても届かない.・・・・・

しかも、彼のもとにも戻らない・・・・・

きっと郵便局の人が彼の字を読めなくて、私のもとにも彼のもとにも行かなかったのだと思われます。。。

「てがみ ない。にほんご きれいじゃない!(手紙が届かない。ぼくの字がきれいじゃないから。)」

と、悲しそうにしていた生徒さんの顔を思い出します。

昨年12月!
字もきれいに書けるようになったし、今度こそ大丈夫だろう…!

年賀状でリベンジ!

今度はきちんと届きました!!!よかった〜!

今年7月!
もう一回暑中見舞い。
前は私がハガキを渡した状態で送ってもらったけども、今度はハガキを買って送ってもらいました。

ハガキ買えた〜!!!
コンビニでちゃんと自分で買えたね、成長したね。

そして、
今月!
自分から、クリスマスカードを送ってくれました!
しかも、大きな封筒に、お菓子も入れて。

実は、一度家に戻ってしまったらしく、お母様から「これはお金が足りなかったってことかしら?郵便局に行ったら出せる?コンビニでもOK?」など相談は受けましたが、私が聞かれたこと以外何も答えない状態でも、全部ご家庭で解決して送ってくれました!

成長してる〜!

今回こうしてお手紙を送ってくれたのは、この生徒さんを担当しているもうひとりの弊社講師の努力の賜物です。

彼女が、秋の手紙を送るアクティビティを実施し、その後も手紙を彼に送るという活動を続けてくれました。

「届いた。できた。」、
そういう成功体験を積ませてくれました。

もちろん自宅の住所を生徒・講師間で明かすか、手紙を送るためにかかるお金はどうするか、など、そこに至るまでに話をして双方の許可を得ているからこそできることであって、これを全てのご家庭や講師に求めるわけではありません。

でも、こうして、成功体験を積み、楽しい!やりたい!と自らできるようになるのは、素晴らしいことですね☺

「さしく」は、おそらく、「さちこ」です!